ホーム > 相続・遺言関連業務

相続手続と遺言作成のお手伝いをします

ご家族が亡くなったとき、必ず「相続」が開始します

相続が開始すると、戸籍類を集めたり、相続人の押印をもらったり、色んな役所や金融機関で各種の届出や申請をしたりと、面倒な手続が必要になってきます。
しかし、面倒だからといって放っておくと、そのせいで余分な手続きが増えることもあり、大切な時間・労力・お金を余計に無駄にしてしまうかもしれません。

  • 相続手続に必要な戸籍・除籍・原戸籍の収集を全て代わりにやってほしい
  • 相続人同士で遺産分割協議が必要だがどうやればいいのか分からない
  • 遺産の中の不動産の名義を書き換える登記手続が必要
  • 平日昼間に手続きができないので銀行や証券会社の手続きも全て代行してほしい
  • まだ元気なうちに遺言書を作成したおきたい。

いつかやらないといけないなら、適切な時期に適切な手続を進めましょう。
面倒な手続は、相続手続の専門家にお任せ下さい。
相続手続や遺言書作成のことでお困りのときは、大阪府高槻市の岡川総合法務事務所にお気軽にご相談ください。

高槻市役所すぐ近く、初回相談無料ですので、お気軽にご相談ください。

相続登記

遺産の中に不動産(土地や建物)がある場合、名義を書き換える「相続登記」が必要です。

「放置しておくと大変なことになる」手続の代表のようなものが、この相続登記です。
相続登記は、登記の専門家である司法書士にお任せ下さい。

遺産承継(相続財産管理業務)

遺産分割、銀行の預貯金の払戻し、相続人間の分配、保険の手続、役所の手続、証券会社の手続など、遺産を実際に承継するには様々な手続が必要です。

相続財産管理契約を締結し、任意相続財産管理人(遺産管理人)として遺産承継業務を行います。
財産管理の専門家である司法書士にお任せ下さい。

遺言書作成・遺言執行

相続争いの防止や、相続手続の簡略化のためには、遺言書を作成することが効果的です。

遺言書作成のサポートや、遺言執行者への就任を行います。

相続放棄・限定承認

相続放棄や限定承認をするには、速やかに家庭裁判所で手続をとる必要があります。

遺産分割調停

遺産分割の話し合いがまとまらない場合、家庭裁判所に調停を申し立てることになります。

裁判所の手続の専門家である司法書士が、申立書等の書類作成を通じて遺産分割調停手続をサポートします。

相続人の中に認知症・知的障がい・精神がいの方がいる場合

相続手続の前提として、成年後見制度の利用をご検討ください。

なお、当事務所では、裁判書類作成と財産管理のの専門家である司法書士が、積極的に成年後見業務に取り組んでいます。
成年後見業務に関する更に詳しい情報は、次のページをご覧ください。

成年後見

相続手続や遺言の作成に関するご相談

相続手続は、戸籍等を集めたり、相続人の押印をもらったり、平日の昼間に役所を回ったりと、全てを自分でするのはとても大変です。
相続に関する諸手続や遺言書の作成についてお困りの方は、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

当事務所では、高槻を中心に、隣接する島本町や茨木市、摂津市等の北摂地域のほか、大阪全域と近隣府県のご依頼に対応しております。
必要に応じて税理士や弁護士とも連携しながら、相続手続の全てが解決するまでサポートいたします。

お役立ち情報
当事務所が取り扱う業務

事務所代表ブログ