ホーム > 交通事故関連業務 > 後遺障害等級異議申立

後遺障害等級異議申立

後遺障害等級が認定されなかった(等級に納得できない)場合

事前認定により相手方保険会社が後遺障害認定申請したり、被害者請求によりご自身が後遺障害認定申請したとき、後遺障害「非該当」という結果が出たり、思ったより低い等級が認定されることがあります。

その場合も、諦めるのは早いかもしれません。
後遺障害の等級認定の結果に対しては、異議申立をすることができ、それによって結果が変わることもあるからです。

最初の認定の際に、被害者側に有利な資料が提出されていない場合、適切な異議申立をすれば良い結果が得られるかもしれません。

異議申立は、いかに有利な資料を提出できるかがポイント

異議申立ができるといっても、客観的な資料に乏しい場合や、新たな証拠が見つからない場合などは、結果を覆すことは難しくなります。

そこで、交通事故専門家のサポートのもとで、医師と面談したり意見書を書いてもらったりして、自己に有利な資料を収集することが重要になるのです。

当事務所では、異議申立からのご相談もお受けしております。

異議申立は、何度でも異議申立をすることが可能ですので、既にご自身で異議申立をしている場合であってもお役に立てることがありますので、示談の前に、まずはご相談ください。

サポートの流れ

無料相談~契約

まずは傷害の程度や治療状況、後遺障害等級認定の結果を把握するため、無料相談を行います。

お話しいただいた内容と資料を精査し、異議申立の可能性を検討します。
異議申立が難しいと判断した場合は、この時点でその旨をお伝えいたします(ご要望に応じて、損害賠償請求サポートの契約を締結します)。

異議申立が通る可能性がある場合は、後遺障害等級異議申立手続サポート契約を締結します。

資料の収集

申立に必要な資料を集めるとともに、必要であれば治療を継続することになります。

ここからは、行政書士と依頼者が二人三脚で進めていきます。
必要に応じて、行政書士が医師との面談や問い合わせ等を行います。

申請書類作成・提出代行

必要な資料が揃った段階で申立書類を作成・提出します。

結果の通知

自賠責損害調査事務所から結果の通知が届きます。

結果が出たら、損害賠償請求の手続をとることになります。
また、場合によっては再度の異議やその他の手続を行うことも検討します。

後遺障害等級異議申立に関するご相談

後遺障害等級の異議申立をしようと考えている方は、お気軽に当事務所までお問い合わせください
当事務所では、事務所のある高槻市を中心とする大阪全域と、近隣府県(京都、兵庫、奈良、和歌山)からのご相談に対応しています。
(全ての案件につき資格者が直接お客様と面談し、必要に応じて、症状の確認や現場の調査、医師との面談などを行っています。そのため基本的に全国対応はしておりません)

相談予約はインターネットで24時間受け付けておりますので、まずはご相談ください。

お役立ち情報
当事務所が取り扱う業務

事務所代表ブログ